ブガッティ

ブガッティについて

自動車産業創成期に活躍したブガッティが21世紀に甦る。

ブガッティはフランスの自動車メーカーで、一時消滅していたが現在はフォルクスワーゲンの元復活を遂げている。
新生ブガッティも往年と変わらずスペシャルな車を提供している。

フラッグシップモデルのブガッティ・ヴァイロンは世界最速の407km/hを記録する。

ブガッティの歴史は古く、1909年イタリア人のエットーレ・ブガッティが当時ドイツ領であったアルザスで設立したスポーツカーメーカが起源である。
第2次世界大戦以前は、レースに、ロードにと大活躍したのだが、戦後は自動車販売はされず、1963年イスパノ・スイザに吸収される。
1980年代にEB110と言うモデルを発売したものの失敗に終わり、このまま歴史に封じ込められるかと思っていたところ、1998年フォルクスワーゲングループが買収し発祥の地アルザスでブガッティオトモビルとして復活させて現在に至っている。