ホンダスピリッツ

ホンダについて

本田宗一郎が創業したホンダはレーシングスピリッツ満載メーカーだ。

ホンダ技研工業は国内9番目に誕生した自動車メーカーだが、常に独自路線を歩む、本田宗一郎氏の精神が息づく会社である。

創業はオートバイメーカーとしてスーパーカブの大ヒットをはじめ、マン島TTレースなどレースへも積極的に参戦していた。
2輪に遅れること18年、1963年に軽トラックT360を発売し,四輪業界への進出を果たす。

その後S800などのスポーツモデルからNコロと呼ばれるN360軽自動車まで、全てにホンダらしい技術が詰まったかクルマを製作している。
この四輪進出ごろに、鈴鹿サーキットを完成させている。

早速F1宣言し、1965年F1メキシコGPでリッチー・ギンザーがRA272を駆って初優勝を果たしている。
その後一旦F1から撤退するものの、1983年復帰し第2期黄金時代を築く。
この時期のF1なら、レース好きの方ならホンダの活躍を知っているだろう。
ウィリアムズホンダ、ホンダマクラーレンでコンストラクターズを制覇している。