レーシングマシーン 甦るバトル

レーシングマシーンについて

レーシングマシーンというとやはりF1マシーンを思い浮かべるだろう。その懐かしいレーシングマシーンたちをピックアップ。

レーシングマシーンのすごいところはやはり常に早くなり続けているところだ。

F1のレギュレーション変更は、基本的に安全対策、ようするにスピードダウンを狙って実施される。
中には政治的なにおいのするレギュレーション改変もあるが、どう見てももうタイムは縮まらないだろうといったものが多い。

F1ファンならマクラーレンホンダMP4/4の快進撃を記憶する人も多いだろう。
そう、あの音速の貴公子と言われたアイルトン・セナと帝王アラン・プロストがドライブし、1988年F1グランプリ16戦中15勝を上げた伝説のF1マシーンで、なんと3位以下を周回遅れにして1-2フィニッシュを飾ったことが2回もあるのだ。
あまりにも強すぎたマシーンがゆえに、その後ターボ禁止となっって、もうこれ以上ラップタイムは縮まらないと思った人もいるのではないか。

しかし現代のフォーミュラーカーのほうが、スリックタイヤでないにもかかわらず早いのだ。
この進化、常に上昇するところは見習わなければならない。