トヨタ ゼロクラウン

旧車・新車の自動車カタログ > 40クラウン > トヨタ ゼロクラウン

トヨタ ゼロクラウン

トヨタのゼロクラウン、ゼロクラウンというのは正しくは車名ではありません。

トヨタのクラウンといえば国産車ではステイタス中のステイタス。
「いつかはクラウン」というキャッチコピーが生まれました。

「いつかは」という言葉通り、トヨタクラウンは長年その対象は中高年でした。

そのトヨタクラウン、12代目を生み出すにあたり、そのコンセプトをゴールからスタートへ、という意味を込めて「ゼロ」クラウンとしたのです。

つまり、ゼロクラウンとはトヨタの新型クラウンのセールスコピー、と考えていいでしょう。


しかしトヨタゼロクラウンは、もはや車名といっても通るほど浸透しています。

ゼロクラウンと名が示すとおり、若返りを図ったモデルチェンジとなりました。
年齢層も従来より若い40代までがゼロクラウンに乗るようになったようです。

トヨタクラウンにはアスリートとロイヤルのタイプがあり、アスリートのほうがよりスポーツ性が高いのですが、どちらを選ぶのかは好き好き。
サスペンションの違いを重視する声が多いようですね。

ゼロクラウンが今までのトヨタクラウンと違い、後部座席の乗り心地より運転の快適さを重視したものになっています。

収益の点で他のメーカーより断然抜きんでているトヨタ。
その中でも価格も400万円台、同じ価格クラスの車と比べてもその性能もトップクラスです。

まさにクラウンの名にふさわしい車といえるでしょう。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.spacecatalog.biz/m5/mt-tb.cgi/63

コメントする