トヨタ | カローラからセルシオまで

トヨタcar

世界NO1自動車メーカー「トヨタ」の戦略車は何だ。

トヨタと聞いて、自動車メーカーだと答えるのは当然のことだ。
永らく世界NO1の生産台数を誇っていたGMを抜きさり、売上、生産台数とも世界一位となった自動車メーカーだから間違いがない。

しかし最近では、ロボット産業をはじめとする関連メーカーとして、あるいは全く自動車とは無縁の産業でも虎視眈々とNO1を目指している。
また、就職したい企業ランキングでも常に上位に位置する超優良企業だ。

そんなトヨタだから、作り出す車も色々記録を持っている車種が多い。

分かりやすいところではカローラ。
一時ホンダフィットに販売台数を食われたものの、法人需要を合わせると強烈な普及率だ。
また、世界のカローラと言われるように、全世界で流通し、累計台数は一体何台になるのだろうと思われる車だ。

現在はレクサスLSに引き継がれたもののセルシオの存在も大きかった。
やはり高級車、売上、利益にと大きく貢献したことは間違いがない。

すべての車種が最新のトヨタ方式で生産し続けられておリ、他の自動車メーカーや機械メーカのお手本とまでなっている。

最近では、ハイブリッドカーが助成金のおかげもあり好調で、元祖ハイブリッドカーといえばやはりトヨタプリウスと言っていいだろう。
最新技術によるエコカーは未来を担えるのか、と思う部分もあるが素晴らしい車の1台だ。