フォルクスワーゲン 愛すべき小型車

フォルクスワーゲンについて

ビートルに代表されるフォルクスワーゲンは熱狂的なファンが多いメーカーだ。

フォルクスワーゲンは、古くはビートル(かぶとむし)やゴルフと言った小型車が主力で、日本でも人気の輸入車、また質実剛健と言ったドイツ車らしい香りで人気を博していた自動車メーカーだ。
現在ではドイツ最大の自動車メーカー、世界的に見てもトヨタ、GMに次ぐ第3位の規模となり、アウディブランドや傘下にベントレーやランボルギーニと言ったスポーツカーブランドも保有するようになった。

ひたすらビートルを生産し続けた大衆車イメージからずいぶんオールラウンドな自動車メーカーへと変貌を遂げたと言うことだ。
国内では、1953年からヤナセが輸入を手がけていたこともあり、常に輸入車トップシェアの地位を守っていた。
あの黄色いYANASEのシールにあこがれた人も多いのではないか。

現在は日本法人、フォルクスワーゲンアウディジャパンをメインに販売を手がけている。